フィギュアスケート女子

河辺愛菜(かわべ・まな)

 

 京都両洋高2年、木下アカデミー所属。2004年生まれ、名古屋市出身。6歳でフィギュアを始め、長久保裕コーチに学ぶ。中学2年から関西に移り浜田美栄コーチに師事。19年全日本ジュニア選手権優勝。20年ユース五輪4位。20年にシニアデビューし、21年にNHK杯2位、同年12月の全日本選手権で3位となり北京五輪代表に選ばれた。155㌢。17歳。

演技する河辺愛菜(2021年4月24日、宇治市・木下アカデミー京都アイスアリーナ)

男子モーグル

松田颯(まつだ・そう)

 

 1999年、長岡京市生まれ。しまだ病院所属。神足小ー長岡中ー長野・白馬高出。父親の影響で3歳頃にスキーを始め、5歳頃からモーグルに挑戦。高校卒業後に米国へ一時留学し、2019、21年に全日本選手権優勝。2022年1月に米国で行われたワールドカップ第8戦で7位となり、北京五輪代表に選ばれた。170センチ、75㌔。22歳。

全日本モーグル男子で優勝した松田颯(2021年3月20日、富山・たいらスキー場=共同)