京都府の2022年度一般会計当初予算案は、4月の知事選を控えた「骨格予算」ながら2年続けて1兆円を超す編成になった。「目下の最優先課題」(西脇隆俊知事)となる新型コロナウイルス対策が主な要因だが、