祭壇に献花する遺族ら(京都市伏見区・京都府警察学校)

祭壇に献花する遺族ら(京都市伏見区・京都府警察学校)

 京都府警の殉職者慰霊祭が13日、京都市伏見区の府警察学校で営まれた。遺族や府警幹部ら約140人が参列し、犯罪捜査や災害救助などで命を落とした警察職員の冥福を祈った。
 礼服姿の警察官が祭壇に殉職者名簿を奉納し、黙とうした。植田秀人本部長は京都アニメーション放火殺人事件などに触れ、「治安対策に総力を挙げて取り組む。強い使命感で職務に従事した崇高な精神を継承し、頼りがいのある警察を推進する」と述べた。
 1877年以降、府警の殉職者は、2004年の台風23号の警戒中に亡くなった旧久美浜署員や、09年に交通取り締まり中に事故に遭った交通機動隊員ら57人となる。