暑さに備えて行われたヒツジの毛刈り(日野町山本・県畜産技術振興センター)

暑さに備えて行われたヒツジの毛刈り(日野町山本・県畜産技術振興センター)

 初夏の陽気が続く中、滋賀県日野町山本の県畜産技術振興センターで8日、ヒツジの毛刈りが行われた。厚い毛皮から涼しげな装いに「衣替え」したヒツジを見て、来場した家族連れが目を細めた。

 同センターでは34頭を飼育しており、毎年暑くなる前に毛刈りをしている。羊毛は1年で1頭あたり2~3キロ増えるという。

 この日登場した8頭のヒツジは、職員らにそれぞれ首や足をつかまれながら、バリカンで手際よく毛を刈られていった。時折「メー」と鳴き声をあげ、10分ほどでさっぱりした姿になった。

 母親と一緒に訪れた越山美友奈ちゃん(5)=甲賀市水口町=は「ヒツジさんが気持ちよさそうでよかった」とにこやかに話した。