衆院予算委で答弁する岸田首相=31日午後

 衆院予算委で答弁する岸田首相=31日午後

 自衛隊が運営する大規模ワクチン接種会場の視察を終え、記者の質問に答える岸田首相=31日午前、東京・大手町(代表撮影)

 自衛隊が運営する大規模ワクチン接種会場の視察を終え、記者の質問に答える岸田首相=31日午前、東京・大手町(代表撮影)

 自衛隊が運営する大規模ワクチン接種会場を視察する岸田首相=31日午前、東京・大手町(代表撮影)

 自衛隊が運営する大規模ワクチン接種会場を視察する岸田首相=31日午前、東京・大手町(代表撮影)

 岸田文雄首相は31日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の発令について、自治体側の意向をくみ取りつつ政府として必要性を見定める考えを示した。まん延防止等重点措置の適用は自治体側の要請に依拠したとした上で「自治体の意見も聞くが、政府としてしっかり判断しなければならないと考えている」と強調した。東京都などに対する発令を「現時点で検討していない」と述べた。

 緊急事態宣言に関し松野博一官房長官は記者会見で「一定の客観的指標を満たせば機械的に発出するといった運用にはなじまない」と語った。