日本ハムのスカウトと握手を交わす京都国際高の上野内野手(中央)=同高

日本ハムのスカウトと握手を交わす京都国際高の上野内野手(中央)=同高

 日本ハムからドラフト3位指名を受けた京都国際高の上野響平内野手(18)=172センチ、68キロ、右投げ右打ち=の入団が13日、決まった。契約金3500万円、年俸530万円で合意し、「球界を代表するショートになることが目標。まずはレギュラーを目指したい」と決意を新たにした。
 大渕隆スカウト部長は「守備の正確性を評価した。黙々と練習できる、職人肌の性格なのもいい」と期待を込めた。
 守備力に自信を持つ一方、バッティングが課題と自覚している。大渕スカウト部長から「守備専門の選手になることがゴールじゃない」と激励されたといい、上野は「打率も残せるよう努力したい」と意気込んだ。