新型コロナウイルスの感染急拡大による中等症や重症患者の増加に伴い、滋賀県内のコロナ患者対応病床の使用率が70%前後で推移している。県は「まん延防止等重点措置」適用の要請を具体的に検討する目安として病床使用率70%を掲げているが、三日月大造知事は1日、新規陽性者の増加率の鈍化や病床の上積みを理由に、当面は様子を見る姿勢を示した。

 県内の…