4月の京都市議選下京区選挙区で6票差で落選した公明党前職の西山信昌さん(46)からの異議申し出について、市選挙管理委員会は9日、棄却を決定したと発表した。決定は8日付。

 決定書によると、開票作業は開票管理者や各候補者が届け出た立会人の同席のもと行われ、「何ら違法性はない」とした。同党市議団の曽我修団長は「決定を尊重する」として不服申し立てをしない方針を示した。