京都府南丹市美山町内久保の杉林で開花したベニバナヤマシャクヤク

京都府南丹市美山町内久保の杉林で開花したベニバナヤマシャクヤク

 京都府の希少野生生物に指定されている「ベニバナヤマシャクヤク」が群生する京都府南丹市美山町内久保で25、26両日、恒例の春の観賞会が催される。

 同地区の杉林には約8千本のベニバナヤマシャクヤクがあり、5月中旬から月末にかけて約4千本に白やピンクの愛らしい花が咲く。内久保環境・史跡保存会が手入れをし、毎年春と秋に観賞会を開催、普段は入れない杉林の中に入って観賞できる。今年は春先に寒さが続いたので開花はやや遅れているが、当日には見頃になるという。

 観賞は午前10時から午後3時まで。内久保公民館で受け付ける。協力金300円。問い合わせは市美山観光まちづくり協会0771(75)1906。