彦根地方気象台

彦根地方気象台

 彦根地方気象台は3日夕、大雪に関する気象情報を発表し、滋賀県は4日夜から6日にかけて大雪となり、特に県北部では5~6日に警報級の大雪となる恐れがあるとして、交通障害などに警戒を呼び掛けた。

 気象台によると、4~6日に冬型の気圧配置が強まり、日本海側に集中的な大雪をもたらす日本海寒帯気団収束帯が滋賀県北部に断続的にかかる恐れがある。特に北部の長浜市や高島市、米原市では、数日にわたって強弱を繰り返して雪が降る可能性があり、交通障害の恐れが高まるという。

 4日午後6時~5日午後6時の24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで次の通り
北部山地 40~60センチ
北部平地 20~40センチ
南部山地 20~40センチ
南部平地 10~20センチ