滋賀県が、県内初となる高等専門学校(高専)を県独自に開設する準備を進めている。湖国の産業界からは、特に県の主要産業である製造業を支える人材育成の要望が強く、県は2027年春の開校を目指す。県立での開設は地元のニーズに応じた運営がしやすくなるなどの利点があるとされるが、県財政の負担は重くなる。開設の意義などについて、丁寧な説明が求められる。

 「価値創造力と専門性、実践力を兼ね備えた高等専門人材の育成を目的に、県が設置するべきと判断した」

 三日月大造知事は…