大雪となっている滋賀・岐阜県境の国道21号(2月5日午前11時半ごろ・滋賀県米原市、滋賀国道事務所提供)

大雪となっている滋賀・岐阜県境の国道21号(2月5日午前11時半ごろ・滋賀県米原市、滋賀国道事務所提供)

 岐阜国道事務所は5日正午、大雪による集中除雪のため、岐阜県関ケ原町の国道21号の山中峠付近を通行止めにした。国道21号は、岐阜・滋賀県を結ぶ主要路で、名神高速も通行止めとなったため、岐阜-滋賀県間は一時往来困難となった。

 岐阜国道事務所によると、通行止めにしたのは国道21号の山中チェーン着脱場-今須駐車帯の約2キロ。

 名神高速も大雪で通行止めとなっているため、滋賀・岐阜県境は往来が困難となった。米原市と関ケ原町を結ぶ国道365号は通行できるが、激しい雪が降っているため、同国道事務所は「新名神高速や国道1号への広域迂回をお願いしたい」と呼び掛けている。

 正午の積雪は米原市36センチ、関ケ原町28センチ。

    ◇

 名神高速の通行止めは、5日午後5時25分に解除された。