京都の染織の重要無形文化財保持者(人間国宝)である北村武資さん(86)と森口邦彦さん(80)がコラボレーションして作った着物が、19日から東京・銀座の呉服店で展示される。巨匠2人の粋が混ざり合った「究極の合作」が初めて実現し話題を集めそうだ。

 織物作家の北村さんは古代中国に源流がある「羅(ら)」と「経錦(たてにしき)」、染色家の森口さんは友禅の人間国宝。職人からスタートして伝統的な織りを追求している北村さんと、伝統に加えフランスでグラフィックなどを学んだ森口さんという対照的な2人の合作だ。

 コラボに至るきっかけは