関西の企業経営者らが経済活性化の道筋や日本の針路について議論する関西財界セミナー(関西経済連合会、関西経済同友会主催)が8日、オンラインで開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年に続き2年連続で非対面での開催となった。

 今年は60回の節目で、テーマは「関西を起点に反転へ~フロンティアに立つ覚悟~」。2025年の大阪・関西万博や脱炭素社会の実現などをコロナ後の関西経済再生につなげるための方策について議論する。

 関経連の松本正義会長は大阪市のオンライン配信拠点…