書店は「書林」で、電気店は「エレキテル」。京都市右京区太秦にある大映通り商店街の店舗の入り口やカウンターに、古風な店名を記したのれんが登場している。どこか時代劇の舞台を思わせる光景が、通行人を楽しませている。

 映画との縁や歴史を生かして太秦地域の活性化を目指す