中学生が日頃考えている意見や提案などを発表する「少年の主張京都府大会」が、9月22日に京都市伏見区の府総合教育センターで開かれる。主催する府青少年育成協会などが参加者を募集している。

 国際化が進む中、自らの主張を正しく伝え、理解してもらう力を生徒につけてもらおうと毎年開催している。大会で最優秀の知事賞に選ばれた生徒は、11月に東京で行われる全国大会への出場が推薦される。

 参加希望者は、社会や世界に向けた提案▽家庭や学校、友だちとの関わり▽大人への意見-などをテーマにした作文を400字詰め原稿5枚以内にまとめて8月2日までに同協会に提出する。事前審査を通過した15人程度が発表に臨む。

 問い合わせは同協会075(417)0602。