インターネットで目当ての本を検索してから図書館に行ったが、その本が書架になかった-という経験をした利用者もいるのでは。こうした事態を防ぐための「蔵書点検」が今、京都市立図書館で行われている。約194万冊の蔵書が存在するか、正しい場所に配架されているか、一冊一冊の確認作業に職員総出で追われている。

 館内では本や資料に「定位置」がある。ジャンルごとに