京都府警

京都府警

中京署

中京署

 京都府警監察官室は17日までに、飲酒してミニバイクを運転したとして、中京署の30代男性巡査を所属長注意の内部処分にした。3日付。

 府警によると、巡査は昨年11月18日午後7時ごろ、仕事帰りに同僚と京都市下京区の居酒屋に行き、乾杯のビールを中ジョッキで1杯飲んだ。約4時間後に木津川市の駅からミニバイクで帰宅中、府警の飲酒検問を受け、飲酒したことを認めた。

 呼気検査でアルコールは検知されず、府警は道交法違反(酒気帯び運転)には当たらないとしている。巡査は「時間がたっているので、酒が抜けていると思った」と話しており、監察官室は「職務倫理の教養を徹底する」としている。