北京冬季五輪第14日は17日、フィギュアスケート女子のフリーが行われ、五輪初出場の17歳、河辺愛菜(木下アカデミー・京都両洋高)は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷が乱れ104・04点、合計166・73点で23位だった。4位以降は暫定の順位となる。

■「奇跡」信じ、挑んだ

 「楽しかったけど、すごく怖かった試合」。競技後、複雑な思いが胸にこみ上げた。両手で自分の顔を挟み、笑顔を作ってからリンクに滑り出した河辺。SPに続いて冒頭で…