ラグビーの近畿高校大会は23日、天理親里競技場で各ブロックトーナメント決勝を行い、京都工学院は24―24で大阪桐蔭と引き分け、抽選の末、伏見工時代以来6年ぶり、現校名では初となる選抜大会出場を果たした。

■号泣、抱き合って喜び

 京都工学院として新たな歴史を刻んだ。伏見工の…