亀岡市内の観光名所を周遊するバス。チケットは湯の花温泉「渓山閣」の日帰り入浴もセットになっている(同市ヒエ田野町)

亀岡市内の観光名所を周遊するバス。チケットは湯の花温泉「渓山閣」の日帰り入浴もセットになっている(同市ヒエ田野町)

 京阪京都交通(京都府亀岡市篠町)は、亀岡市内の観光地を周遊するバスを期間限定で運行している。料金は千円で1日乗り放題となるほか、買い物施設の優待や湯の花温泉の日帰り入浴などの特典も付いている。

 市内でバスを利用した周遊観光の定着を目指し、実証実験として走らせている。バスはJR亀岡駅北口を起点に1日15便を運行。ガレリアかめおかや湯の花温泉、市国際交流会館、出雲大神宮などを時計回りで循環する。

 チケットはJR亀岡駅観光案内所で販売しており、湯の花温泉「渓山閣」の日帰り入浴や、出雲大神宮の参拝記念品がセットになっている。他の路線バスは利用できない。

 同社は「シーズン外なので、ゆっくり亀岡を回ることができる」とアピールする。3月13日まで。