【資料写真】新型コロナウイルスのオミクロン株(国立感染症研究所提供)

【資料写真】新型コロナウイルスのオミクロン株(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は26日、10歳未満から90歳以上の1813人が新たに新型コロナウイルスに感染し、9人が死亡したと発表した。府内の感染者数は12万1251人となった。


 府発表分の死者は3人で、詳細は公表していない。新規感染者は753人で、軽症21人、無症状6人のほかは調査中。感染経路不明は727人だった。クラスター(感染者集団)関連では乙訓の高齢者施設で新たに職員2人の陽性が判明し、計12人になった。


 府発表分の居住地別は宇治市113人、京田辺市84人、八幡市79人、城陽市61人、木津川市と亀岡市各60人、長岡京市44人、京都市36人、向日市と南丹市各30人、福知山市28人、精華町23人、京丹後市21人、舞鶴市20人、久御山町と大阪府各11人、京丹波町10人、大山崎町8人、綾部市と井手町各7人、宮津市5人、宇治田原町、和束町、与謝野町、滋賀県、兵庫県各1人。


 京都市発表分の死者は6人で、詳細が非公表の1人を除き、80代と90歳以上でいずれも基礎疾患があった。新規感染者は1060人で、中等症26人、軽症777人、無症状28人のほかは調査中。感染経路不明は907人。職員と患者計19人の感染が判明した医療機関など3施設を新たにクラスターとして認定した。


 居住地別は京都市1006人、宇治市12人、滋賀県8人、長岡京市と亀岡市各5人、向日市と大山崎町、大阪府各4人、八幡市3人、井手町2人、木津川市、南丹市、久御山町、宇治田原町、精華町、兵庫県、東京都各1人。