生鮮食品や調味料の移動販売車を走らせるスーパーが、京都市内で増えている。店舗の少ない山間部だけでなく、中心市街地でも需要が高まっているためだ。背景には