手術中に女性患者を盗撮した疑いで逮捕された医師が勤務している京都府立医科大付属病院(京都市上京区)

手術中に女性患者を盗撮した疑いで逮捕された医師が勤務している京都府立医科大付属病院(京都市上京区)

京都市上京区

京都市上京区

 手術中に女性患者の体をスマートフォンで盗撮したとして、京都府警下京署は28日、京都府迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで、京都府立医科大付属病院(京都市上京区)に勤務する医師の男(43)=北区=を逮捕し、発表した。同署は、医師が手術中に盗撮行為を繰り返していた可能性もあるとみて捜査する。

 府立医大病院は病院長らが記者会見を行った。

 男の逮捕容疑は昨年11月29日、府立医大病院の手術室で、女性患者(27)の体を自身のスマホで動画撮影した疑い。「黙秘します」と供述しているという。

 下京署によると、女性患者は手術着姿で、眠っている状態だった。医師は執刀を担当しており、スマホを持ち込んで執刀の前後に盗撮していたとみられる。動画は計4本あった。手術室には当時、複数の医療スタッフがいたという。

 医師は昨年12月14日、JR京都駅で女子高校生のスカート内を盗撮した疑いも持たれており、下京署が家宅捜索していた。スマホを押収したところ、手術室で撮影された被害女性の動画が見つかった。医師が管理するクラウドサービスからは、別の女性患者の画像も確認されたという。

 同署は28日、府立医大病院などを家宅捜索した。