滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県が販売したプレミアム付きデジタル商品券「ここクーポン」のクレジットカード情報漏えい問題で、県は28日、クーポン購入時にカード決済した利用者全員にカードを再発行するよう要請した。クーポンのカード決済システムを手掛けた会社が同日公表した調査結果で、全員のカード情報が漏えいした可能性があると判断したため。

 調査結果によると、漏えいしたとみられる期間は、クーポンの販売を始めた昨年12月24日から決済を停止した今年1月25日まで。断続的に漏えいが確認されたが、どのカード情報が漏れたかは特定できなかった。漏れた情報はカード番号、有効期限、セキュリティーコードとしている。

 漏えいした可能性があるカード情報のうち県販売分は6万3337件に上る。再発行の手数料はシステム会社が負担する。不正利用されていないか、カードの利用明細の確認も引き続き求めた。

 県と、クーポン運営事業を受託したJTBやシステム会社などの担当者が同日、県庁で記者会見を開き、「利用者には多大な迷惑を掛けた」と謝罪した。カード会社によって被害補償の期限などが異なるため、カードを利用した覚えのない請求がないかを早急に確認するよう呼び掛けた。

 問い合わせは、専用電話窓口(0120)560586。午前9時~午後9時。