サブスク「舞ボトル」のイメージ(提供)

サブスク「舞ボトル」のイメージ(提供)

 京都府の京田辺市産玉露など日本茶を扱う「舞妓の茶本舗」は、3月からお茶のサブスクリプション(定額制)サービスを始めた。1日1回店舗で日本茶500ミリリットルが提供される仕組みで、「上質なお茶を気軽に楽しんでほしい」としている。

 サブスク「舞ボトルサービス」は、マイボトルを持参すると玉露か煎茶のティーバッグに水か湯を注いでもらえるシステム。古村香月店長は「1日58円とペットボトルより経済的。散歩がてら店に立ち寄ってほしい」と呼び掛ける。

 サブスクは月額1500円(初月のみ550円)。申し込みはMAIKO茶ブティック店頭で受け付ける。問い合わせはMAIKO茶ブティック0774(68)2472。