<旬の献立を探しに 小平泰子>

 おろししょうがは、とにかくたっぷりと! 吉野葛でとろみをつけるとさらに温まりますよ。なければ片栗粉でも代用できます。


【材料】(作りやすい分量)

白菜 1/4個(400グラム)
A=だし400cc、薄口しょうゆ・みりん各大さじ1/2
おろししょうが 大さじ1
吉野葛(同量の水で溶く) 適量


【作り方】

(1)白菜は食べやすい大きさに切る。鍋にAとともに入れて火にかけ、しんなりするまで煮る。
(2)吉野葛で好みの硬さになるまでとろみをつけ、おろししょうがを加えてざっくりと混ぜ、火を止める。
(3)器に盛り、おろししょうが(分量外)を添える。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan