京都国際のエース森下

京都国際のエース森下

 第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が4日、オンラインで開催され、2年連続2度目出場の京都国際は第2日の第2試合で長崎日大と対戦することが決まった。

 昨秋の明治神宮大会を制した大阪桐蔭は1回戦最後となる第6日第1試合で鳴門(徳島)と顔を合わせる。同大会準優勝の広陵(広島)と北信越王者の敦賀気比(福井)が第2日の第1試合で激突。注目の左打者・佐々木を擁する花巻東(岩手)は第5日の第1試合で好右腕・米田を擁する市和歌山と戦う。

 大会初日に登場する6校から選んだ選手宣誓は、倉敷工(岡山)の福島貫太主将が行う。

 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、昨年と同様に出場32校の主将が自校からオンラインで参加し、対戦カードを決めた。