パイプとトタンで簡単に作られた屋根で覆われたC160(与謝野町加悦・加悦鉄道資料館)

パイプとトタンで簡単に作られた屋根で覆われたC160(与謝野町加悦・加悦鉄道資料館)

鉄道資料館の敷地に建設中の車庫(同)

鉄道資料館の敷地に建設中の車庫(同)

 京都府与謝野町の加悦鉄道資料館の敷地で保管、公開される、旧加悦鉄道の車両の扱いに差が生じている。車庫の建設が進む車両がある一方、仮設屋根だけの車両もある。所有者が異なるためといい、資料館を管理するNPO法人「加悦鐵道(てつどう)保存会」の吉田博一理事長は「同時代を走った車両の扱いに差がつくのはかわいそう」と話す。

 車庫の建設が進むのは、閉園した加悦SL広場に展示され、所有企業が町に譲渡した国の重要文化財「123号蒸気機関車」など3車両。町が全長28メートルの鉄骨の車庫を造る。

 その北隣には、3年前に里帰りした「C160蒸気機関車」が仮設の屋根のまま置かれている。C160は1942年製造、66年まで大江山ニッケル鉱山の鉱石や旅客を輸送した。廃車後、京都市北区の大宮交通公園に展示され、公園の再整備に伴い、同保存会に譲渡された。保管場所として町が資料館の敷地を無償貸与した。

 同会には車庫の建設予算はなく、会員が仮設の屋根を設けて車両を覆った。油引きなどのメンテナンスを施しているが、風雨で傷みやすく、吉田理事長は「なんとか維持できている状況」と嘆く。

 同会は町に支援を要望しているが、町は「車両の維持管理は保存会の費用で行うとの覚書を交わした。町の所有物でなく予算は出せない」としている。

 4月には同資料館がリニューアルされ、車庫が完成する。C160は建物に挟まれた形となり、車庫の建設はますます困難になりそうだ。