自民党京都府連が国政選挙の前に候補者から金を集め、府議や京都市議に配っていた問題は、国会論戦や刑事告発に発展した。府連の元事務局長が作成したとされる内部文書はこの手法を「マネーロンダリング(資金洗浄)」と称し、公選法違反の買収に当たる可能性を指摘していた。京都新聞社は2月中旬から下旬にかけ、関係者約30人に取材を進めた。多くが口を固く閉ざす中、