野洲市役所

野洲市役所

 滋賀県野洲市が民間の野洲病院と結んだ事業譲渡契約は経済的合理性がなく、市に損害を与えたなどとして、市民団体「野洲市民病院整備を考える会」は14日、山仲善彰市長に対し、損害賠償を求める住民訴訟を大津地裁に起こした。

 訴状では、野洲病院から無償譲渡を受けた土地や建物などの資産評価額について、新病院完成後に除却費用などが必要となるため、実質的には約2億4100万円の負債を抱えると主張。地方自治法や地方財政法に違反するとして山仲市長に損害賠償を求めるほか、市が野洲病院への貸付金約2億2500万円を債権放棄することについても差し止めを求めている。

 同会は8月、同様の内容で住民監査請求したが棄却された。昨年12月には、市民病院の整備費返還を求めて住民訴訟を大津地裁に起こし、現在も係争中。