事故のイメージ図

事故のイメージ図

 大津市で車が保育園児の列に突っ込んで園児ら16人が死傷した事故を受け、滋賀県は16日、1日当たり1万台以上の交通量がある大津市内の交差点で安全点検を始めた。同市打出浜の交差点では、県職員3人がハンマーなどを手に縁石の損傷やぐらつきを確かめたり、交差点内の区画線の状況などを目視で確認したりした。

 県は今月末をめどに、県内全域で県が管理する約600カ所を対象に順次点検を進め、交差点改良など必要な対策を講じる方針。