名鉄不動産などが来年秋に河原町通沿いに開業するホテルのイメージ図(同社提供)

名鉄不動産などが来年秋に河原町通沿いに開業するホテルのイメージ図(同社提供)

 名古屋鉄道の子会社、名鉄不動産(名古屋市)などは16日、京都市中京区の河原町通沿いに、来年秋に109室のホテルを開業すると発表した。名鉄グループのホテルは京都初進出となる。

 河原町通蛸薬師上ルに開業予定の「ホテルミュッセ京都四条河原町名鉄(仮称)」は、同ブランドとしては銀座(東京)に次ぐ2店目。同グループは来年5月に関西初となる名鉄インを新大阪駅近くに開業予定。

 阪急河原町駅徒歩3分という立地を生かし、訪日客など観光客中心の利用を見込む。建物全体は9階建て、延べ4340平方メートル。2~9階の大部分をホテルとして名鉄不動産が借り受け、2階は宿泊者向けレストランが入る予定。

 客室は65%がツインで残りはダブル。中心的な宿泊料金は1万5千~1万8千円。