公園を併設した複合型商業施設「ブランチ大津京」(大津市二本松)=大和リース提供

公園を併設した複合型商業施設「ブランチ大津京」(大津市二本松)=大和リース提供

 大津市と大和リース(大阪市)などは14日、大津びわこ競輪場跡地に整備していた複合型商業施設「ブランチ大津京」(大津市二本松)を29日に開業すると発表した。スポーツができる公園を併設し、スーパーや飲食店など42店舗(開業時29店舗)が入る。


 全9棟(延べ床面積2万5400平方メートル)に県内初出店のドラッグストア「チャーリー」のほか、マックスバリュ、ユニクロなどが入る。3人制のプロバスケットボールチーム「ニンジャエアーズ」の本拠や、託児機能付きオフィススペースも入居する。756台分の有料駐車場には渋滞対策としてゲートレスの課金システムを採用した。
 公園(1万5千平方メートル)はサッカーやグラウンドゴルフができる天然芝の広場で、大和リースから市が寄贈を受けて管理する。
 商業施設だけで年間客数400万人、72億円の売り上げを見込む。同社が全国展開する「ブランチ」の9カ所目で、敷地面積6万4700平方メートルは最大規模。市から土地を借りて運営する。