感謝状を受け取る関留さん(京都府警城陽署)

感謝状を受け取る関留さん(京都府警城陽署)

京都府城陽市の位置

京都府城陽市の位置

 京都府城陽市内のコンビニで買い物中、機転を利かせて前に並んでいた男性客の特殊詐欺被害を未然に防いだとして、京都府警城陽署は同市寺田の主婦関留奈留美さん(28)に感謝状を贈った。

 関留さんは2月下旬、調乳用の水や子どものおやつを買おうとレジに並んでいたところ、60代男性(同市)が5万円の電子マネーを購入しようとしているのに気付いた。コンビニ店員として働いていた経験から、詐欺の可能性があると疑って使用目的を聞くと、男性はパソコンがウイルス感染し、保証金を払うためと答えた。

 関留さんは「詐欺だから払わなくていい」と言い切り、車に戻って110番通報。警察官の説得もあって男性は被害に遭わずに済んだ。

 同署で感謝状を受け取った関留さんは、自身が10代の頃に同様の詐欺被害に遭った経験を明かし、「5万円が無駄にならなくて本当によかった。勇気がいるが声掛けは大事」と話した。