滋賀県湖南市役所

滋賀県湖南市役所

滋賀県湖南市のVチューバー「Minami」。新年度予算計上は打ち切られたが、今後も市ホームページなどで登場するという

滋賀県湖南市のVチューバー「Minami」。新年度予算計上は打ち切られたが、今後も市ホームページなどで登場するという

 滋賀県湖南市の2022年度当初予算案で、公式Vチューバー(仮想のユーチューバー)の美少女キャラクター「Minami(ミナミ)」の経費がゼロになった。市が中学生以下の医療費無料化などに取り組む中、予算が打ち切られた形だが、市は「機材はあるので動画は作成可能。予算がなくてもしっかり市のPRのために働いてもらう」としている。

■外国語の情報発信 挑戦したい

 ミナミは若者が市政に関心を持つきっかけにしようと2019年3月に全国の自治体で3番目に導入した。市がPRにネコを活用することにちなみ、ネコ耳を付けた美少女キャラとなった。

 現在まで市公式ユーチューブに30秒~2分間の動画25本を出したほか、ミナミの公式ツイッターも設けた。市秘書広報課は「ホームページや広報誌を見ない若者への情報提供ツールとして有効」として発信を続けてきた。

 一方、ミナミ関連の予算は谷畑英吾前市長時代の20年度当初で81万円が付いていたが、20年秋に生田邦夫市長が就任すると、21年度当初で23万円に減額し、22年度当初案でなくなった。

 このため、今後は新たなコスチュームが導入できず、キャラクターの動きをなめらかにするなどのソフトの更新ができなくなる。ただ、動画作成のための機材は市が購入しており、動画は作成可能で従来通り発信は続けるという。

 同課は「外国籍市民が多い市らしく、外国語での情報提供に挑戦するなど予算がなくてもできる発信を考えたい。機材の不具合があれば予算要求するなど対応したい」としている。