去年のツアーオブジャパン(2018年5月21日)

去年のツアーオブジャパン(2018年5月21日)

TOJ京都ステージ・コース図

TOJ京都ステージ・コース図

 日本最高峰の国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」の京都ステージが20日、京都府京田辺市と精華町を周回するコースで行われる。京都での開催は4回目を迎え、昨年は5万3千人の観客らが集まった。実行委員会は「迫力のレースを楽しんでほしい」と来場や交通規制への協力を呼び掛けている。

 TOJは、国内外16チームの選手約100人が出場。19日の堺市を皮切りに、日本各地を転戦し、26日の東京都で総合優勝を決める。全8ステージで計767キロを走り、個人や団体の総合タイムなどを競う。

 第2ステージの京都は、午前9時25分に同志社大京田辺キャンパス(京田辺市)前などを記念走行した後、同9時50分に普賢寺小(同市)をスタート。陸上自衛隊祝園分屯地周辺を時計回りに6周半(計105キロ)走る。けいはんなプラザ(精華町光台)西側でのゴールは午後0時50分ごろを見込む。

 けいはんなプラザや精華町東畑集会所などでは飲食コーナーや特産品を販売する店も並ぶ。レース中は、車列が通過するまで通行を規制する「パック規制」を午前9時40分から午後1時ごろまで実施する。詳細はTOJ京都ステージのホームページで。