京都府警下京署

京都府警下京署

医師が勤務していた京都府立医科大付属病院(京都市上京区)

医師が勤務していた京都府立医科大付属病院(京都市上京区)

 京都府立医科大付属病院(京都市上京区)の医師が手術中に女性患者を盗撮したとされる事件で、下京署は10日、小学生の女児ら3人にも盗撮行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)と府迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで、医師の男(43)=北区=を再逮捕した。

 逮捕容疑は昨年3~8月、当時勤務していた府立医大病院の手術室で、小学生(11)や高校生(16)ら女性患者3人の体を、撮影機能付きの機器で盗撮した疑い。調べに対し、黙秘しているという。

 下京署によると、3人は手術着姿で、麻酔の影響で眠っていた。医師が管理するクラウドサービスに衣服がはだけた患者の動画が残っていたという。

 医師は別の患者をスマートフォンで盗撮したとして先月28日に逮捕されたが、裁判所が勾留を認めなかったため、今月1日に釈放されていた。