京都府庁

京都府庁

 京都府は10日、新型コロナウイルスに感染していた府内の未就学児が亡くなったと発表した。基礎疾患はなかった。10歳未満の死亡は府内で初めてで、国内で2例目とみられる。

 府によると、未就学児は2月下旬に発熱。検査で陽性が判明し、自宅療養を始めた。一時、呼吸が荒くなる症状がみられ、医療機関を受診したが、薬を服用して症状は落ちついていた。その後も自宅療養を続けたが、容体が急変し2月中に亡くなった。死因は不明という。

 府の保健所は陽性判明日から保護者への電話などで毎日経過観察を行っていたが、入院の必要性はないと判断していた。保護者からも自宅療養の希望があったといい、府は「対応に問題はなかった」としている。未就学児の性別や死亡に至る詳しい経緯などは、保護者の同意がとれていないとして公表していない。

 府健康対策課は「現在、10歳未満の発症事例は非常に多い。自宅療養中に急変した場合は救急車を呼んでほしい」としている。

 国内では、川崎市が4日、新型コロナに感染した神奈川県内の10歳未満の男児が死亡したことを明らかにしている。