京都市伏見区のベンチ下に貼られた指示書。「名神高速の京都南インターに乗って大津SAに向かえ」とある

京都市伏見区のベンチ下に貼られた指示書。「名神高速の京都南インターに乗って大津SAに向かえ」とある

看板の裏に犯人からの指示書があった名神高速道路大津サービスエリア(大津市)

看板の裏に犯人からの指示書があった名神高速道路大津サービスエリア(大津市)

不審車の逃走経路

不審車の逃走経路

 警察をからかう挑戦状、毒入り菓子のばらまき、不気味な「キツネ目の男」-。これほど社会を揺るがした未解決事件はないだろう。劇場型犯罪と言われた「グリコ・森永事件」。犯人は現金強奪の最後の舞台に滋賀を選んだ。警察の極秘捜査が名神高速道路で進行中のまさにその時、高速道と交差する栗東市の一般道で、事情を知らないパトカーが犯人の一人が乗る不審車を発見。逃走する車を追跡したが、逃げられてしまった。犯人逮捕の最大のチャンスを逃してしまった県警は強い批判を浴びた。

 「どくいり きけん たべたら 死ぬで」。青酸ソーダ入り菓子が店頭にばらまかれた。底知れぬ冷酷さを見せつける犯人を一網打尽にするラストチャンスが訪れた。

 犯人はハウス食品工業に1億円の裏取引を持ちかけた。Xデーの1984年11月14日、夜の名神で息をのむ展開が続いた。滋賀県警捜査1課強行班係長だった今江明弘さん(76)=草津市=が、県警の秘匿捜査の内幕を語った。

 「大阪府警から高速の50メートルエリアに入るなと指示されていた」。6府県の捜査員924人、車両206台を投入する大捜査網。高速上の捜査は大阪府警が仕切った。

 午後8時20分、犯人から京都市伏見区のバス停ベンチ裏の指示書を見るよう電話が入った。近くのレストランで待機中の現金運搬車が出発した。指示書には「名神に乗って大津サービスエリア(SA)に向かえ」。高速を使うという警察の読みは的中したが、方向が想定外だった。犯人は京阪神の地図を用意するよう命じていたからだ。

 「滋賀には来ないやろうと、楽な気持ちでいた」という県警の空気は一変し、今江さんは直ちに部下3人を大津SA、瀬田バスストップ、草津パーキングエリア(PA)に向かわせ、自身も大津SAに急行した。「高速に入るな」の大方針に反する県警の独自判断。「滋賀で事件が起きて知らん顔してられない」という幹部の思いからだった。

 大津SAに着いた部下から連絡が入った。極めて不審な行動を取る男がいるという。

 「係長、つかんでもええか!」「あかん、知らん顔しとけ」

 県警がグリコ犯と邂逅(かいこう)した瞬間だった。「捕まえろとは言えなかった。大阪から『何もするな』と言われてるんだから。滋賀の動きを知られるわけにはいかなかった」

 犯人は草津PAのベンチに貼った指示書で「名古屋方面の柵に白布が見えたら、下にある空き缶の中の手紙の通りにしろ」と命じた。現金を守るのが任務だった今江さんの車は、運搬車の後ろを100メートルほど空けて走った。路肩に運搬車と覆面の捜査車両が停車していた。「止まるな!」。後部座席から外を見ると、柵に白い布があった。「これやないか」。目を見開いた。