グリコ犯が目印として付けた名神高速道路の「白い布」

グリコ犯が目印として付けた名神高速道路の「白い布」

白布があった名神高速道路の下で不審な車が止まっていた県道。名神は拡幅されて防音壁が整備され、当時の面影はない(栗東市)

白布があった名神高速道路の下で不審な車が止まっていた県道。名神は拡幅されて防音壁が整備され、当時の面影はない(栗東市)

パトカーに追跡された犯人が盗難車を乗り捨てた現場。車に大量の遺留品があった(草津市大路1丁目)

パトカーに追跡された犯人が盗難車を乗り捨てた現場。車に大量の遺留品があった(草津市大路1丁目)


 捜査当局は身構えたが、肝心の空き缶が見つからず、この日の捜査を打ち切った。

 ところがこの時、台本にない別のドラマが進行していた。白布の場所で高速と交わる栗東市の県道で、巡回中のパトカーが白布から50メートルの場所で停車する不審なライトバンを発見。懐中電灯で運転席の男を照らすと急発進した。追跡したが、途中で一般車が割り込む不運もあり見失った。運搬車が草津PAに到着する前後のことだった。「高速に近づくな」の指示は隊員まで伝わっていなかった。

 ライトバンは盗難車だった。県警は最初、白布の場所と車の停車位置が1キロ以上離れていると見誤り、単なる盗難事件と判断してしまった。

 栗東で高速を下りた今江さんは、草津市内で乗り捨てられた盗難車の捜査に向かった。草津宿本陣近くの天井川のトンネルをくぐり左折した場所に、その車はあった。

 <滋賀本部から草津->。聞き慣れた音声が耳に入ってきた。「警察無線がわんわん流れてた」。後手に回る捜査をあざ笑うかのように、県警の無線を傍受中の小型無線機が車内に残されていた。「ぞっとした。なぜ無線が」。間もなく県警は「窃盗犯」の正体を知ることになる。
     ◇
 警察が総力を挙げて挑んだ大勝負は、不運とミスが重なり瓦解(がかい)した。ただ、パトカーに追われた犯人はよほど慌てたのか、放置した車に大量の遺留品を置いていった。

 グリコ・森永事件 1984年3月18日夜、銃を持った3人組が江崎勝久・江崎グリコ社長を自宅から誘拐し現金を要求。社長は監禁先から自力で脱出したが、犯人は「かい人21面相」を名乗り同社や森永製菓など食品企業を次々と脅迫。青酸入り菓子をスーパーなどに置き、全国のスーパーから森永製菓子が撤去された。犯人は85年8月に「終結宣言」を出して姿を消した。2000年2月に最終時効を迎えた。