国策に基づく強制不妊手術を巡る優生保護法裁判で、司法は再び救済の扉を開く判断をした。先月の大阪高裁判決(国は上告)に続き、国に賠償を命じた…