デモンストレーションで示された、事前確定運賃で配車するアプリの画面(京都市右京区)

デモンストレーションで示された、事前確定運賃で配車するアプリの画面(京都市右京区)

 配車アプリによりタクシー料金が乗車前に決まる事前確定運賃が15日に京都市などで始まった。近畿初の試みで第一陣のタクシー会社キャビック(右京区)と配車アプリ「JapanTaxi」は京都市内でデモンストレーションを行い、使いやすさをアピールした。

 アプリで出発地と目的地を登録すると経路や運賃が示され、利用者が了承すると配車される。渋滞による料金増や回り道の心配がなく、利便性向上で利用拡大が期待される。

 京都市など府南部では「JapanTaxi」と提携するキャビックの約120台がサービスを開始。この日は京都市右京区でアプリを使ってタクシーを呼び、担当者が使い方や利点を説明した。記者会見で近畿運輸局の末満章悟自動車交通部長は「利用者は安心して乗車でき、事業者も運行を効率化できる。多くの事業者に導入してほしい」と期待した。