パラトライアスロン男子PTS4で3位に入った宇田=横浜市

パラトライアスロン男子PTS4で3位に入った宇田=横浜市

 トライアスロンの世界シリーズ横浜大会は18日、横浜市山下公園周辺特設コース(51・5キロ=スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で行われ、女子は昨年のアジア大会を制した高橋侑子(富士通)が1時間53分38秒で日本勢最高の4位に入った。上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター、洛北高出)は、バイクで周回遅れとなったため競技停止となった。ケイティー・ザフィアエス(米国)が1時間52分12秒で優勝した。

 男子はバンサン・ルイ(フランス)が1時間43分21秒で制した。パラトライアスロン(25・75キロ=スイム0・75キロ、バイク20キロ、ラン5キロ)の男子では運動機能障害PTS4の宇田秀生(NTT東日本・NTT西日本、滋賀県甲賀市)が1時間4分27秒で3位に入った。