彦根地方気象台

彦根地方気象台

 彦根地方気象台は17日夕、なだれと融雪に関する気象情報を発表し、18~19日にかけて雨が降るため、滋賀県北部の積雪の多い地域で、なだれや雪解けによる浸水、土砂災害などの危険が高まるとして注意を呼び掛けた。

 気象台によると、18日から19日は滋賀県でまとまった雨となる見通しで、積雪の多い山間部では、雪が水を含んで重くなったり、雪と地面の間に水が流れたりして、全層雪崩が発生する危険が高まる。今冬大雪となった長浜市余呉町柳ケ瀬の積雪は、17日午後4時現在58センチで、平年の約4・5倍に達しており、雪崩のリスクが高い状態という。

 気象台は、積雪の多い山間部での雪崩や、雪解けによる河川増水や浸水害、土砂災害に警戒を促すとともに、登山コースやスキー場でも雪崩が発生する可能性があるとして、注意を呼び掛けている。