たんぼラグビーを楽しむ参加者たち(京都府福知山市戸田)

たんぼラグビーを楽しむ参加者たち(京都府福知山市戸田)

 由良川近くの水田でラグビーを楽しむ「たんぼラグビーin京都・福知山」が19日、京都府福知山市戸田で開かれ、子どもも大人も一緒になり泥だらけになりながら心地よい汗を流した。

 過去に何度となく水害に見舞われた福知山市の地域おこしと競技普及を目的に、福知山たんぼラグビー実行委員会などが15年から開催し5回目。今回は全国から43チーム、326人が参加した。田植え前の水田に3面のコートを設け、1チーム4人で対戦した。

 参加者は泥に足を取られながら一生懸命にボールを追った。泥に飛び込んで豪快にトライを決めると、会場は大きな歓声に包まれた。山城高ラグビー部OBチームで参加した会社社長亀井裕さん(50)=綾部市=は「泥まみれになって、みんなでわいわいやるのが楽しい」と話していた。