入居している高齢者の口元に、職員が丁寧におやつを運ぶ。京都府福知山市天田の特別養護老人ホーム「にれの木園」。周りの高齢者たちも新聞を読んだり、職員と談笑したり思い思いに過ごし、穏やかな午後の時間が流れる。

 見守る同園の荻野直也施設長(42)の表情は硬い。「今は外国人の職員がいて助かっているが、1人休んだら管理職も現場に入らざるを得ないような状態が続いている」

 同園では3年前から外国人を