青葉真司被告(提供写真)

青葉真司被告(提供写真)

 2019年7月に京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)で起きた放火殺人事件で、殺人などの罪で起訴された青葉真司被告(43)について、京都地裁が起訴後に行っていた精神鑑定が18日までに終了したことが関係者への取材で分かった。

 公判では刑事責任能力の有無や程度が争点になると見込まれている。青葉被告への精神鑑定は、京都地検が20年6月から半年間の鑑定留置を行い、「責任能力を問える」として同年12月に青葉被告を起訴した。その後、京都地裁が2度目となる鑑定を行っていた。昨年の夏頃から半年ほどかけて実施していたとみられる。鑑定が終了したことで今後、公判に向けた手続きが本格化し、検察側と弁護側の双方が、公判前整理手続きで責任能力に関する主張を明らかにしていくとみられる。

 起訴状によると、青葉被告は19年7月18日午前10時半ごろ、京アニ第1スタジオに侵入。ガソリンをまいて放火して全焼させ、屋内にいた社員36人を殺害、32人に重軽傷を負わせたなどとしている。