アイランド形式の手洗い場が置かれた女性用のデザイナーズトイレ(滋賀県彦根市・彦根工業高)

アイランド形式の手洗い場が置かれた女性用のデザイナーズトイレ(滋賀県彦根市・彦根工業高)

 女子生徒たちの意見を反映させたデザイナーズトイレが、滋賀県彦根市の彦根工業高に完成した。生徒から好評で、同校は「従来の工業高のイメージを刷新した。多くの人に興味を持ってもらい、志望のきっかけにしてほしい」としている。

 同校は昨年6月から、老朽化した男女各6カ所と多目的用途の計13カ所のトイレを改修。新しいトイレについて、生徒に仕様などの要望のアンケートを行い、設備やデザイン、色調など寄せられた意見を反映させた。

 デザイナーズトイレは第2本館1階の女子用。約54平方メートルで、中央にアイランド形式の手洗い場を置き、姿見を備えた。手洗い場の造花は彦根市のフラワーデザイナー河合美季さんがアレンジした。床は乾式で、モップで掃除ができる利点もあるという。

 電気科2年の生徒は「以前は行きにくいイメージだったが、みんなが使いたくなるようなトイレになった。譲り合って仲良く使いたい」と話した。

 同校は全校生徒約700人で、女子は約1割の73人。トイレの整備を機に「男女問わず、好奇心旺盛な高校生に集ってもらい、次世代産業をけん引する人材を育成したい」としている。