ゴール前の競り合いを制したエイデン・トゥーベイ(京都府精華町)

ゴール前の競り合いを制したエイデン・トゥーベイ(京都府精華町)

 自転車のツアー・オブ・ジャパン第2戦の京都ステージが20日、京都府京田辺市と京都府精華町の周回コース(105・0キロ)で行われ、エイデン・トゥーベイ(オーストラリア、ブリッジレーン)が2時間41分25秒で優勝した。日本選手では、入部正太朗(シマノレーシング)が同タイムで着差ありの2位に入った。

 レースは19日の堺市から26日の東京まで全国8カ所を転戦。東京五輪の選考に関わるUCI(国際自転車競技連合)ポイントの対象レースで、京都ステージは2016年から加わった。